You are here

Life and Leadership Insights from a Zen Buddhist Monk

June 20, 2018
Kamakura Buddhist Temple Visit Asia Module - 2018

As part of the Berlin School global Executive MBA program, participants travel each year to Asia where they spend two weeks in Shanghai and Tokyo. The intensive residency introduces them to the region’s innovative business and management practices and dynamic markets. In Tokyo, they spend an illuminating day immersed in Japanese culture – first in a seminar with Hitotsubashi ICS faculty and then in the Engaku-ji Zen Buddhist temple in Kamakura with a senior monk.*

Following a meditation session with the EMBA participants hailing from twenty countries, the monk, Rev. Ichido Uchida, Director of Kojirin Zen Training Center, sat with the group for discussion. He opened with the following clarification about Zazen, the meditative practice that is a primary discipline of Zen Buddhism.

Ichido-san

In Zen Buddhism we think that everyday life, from chores to work to everything, is considered a part of our training. Many people have an image that Zazenis about sitting in a specific posture, but that’s only one part of the lifestyle of Zen. There are certain, precise behaviors and mannerisms including how to take a bath and how to eat. The whole of life, every day, in everything, is Zen training. The lifestyle of Zen, in my understanding, is about keeping a calm state of mind and continuously observing your actions and emotions. Any time of the day, just take a moment to observe what’s going on in your mind. Observe what is happening with your body, whatyour body feels like. If you can stop and think, ‘Oh, I will observe my mind,’ that moment will lead you to the Zen practice. It would be best if you can keep this state of awareness all day long.

Berlin School

Is Zen therefore about the daily quest to improve oneself?

Ichido-san

Many people these days work too hard to achieve something and end up denying themselves. In such cases, I try to convey the following message:

In a state where you're still trying to improve, you’re not fully happy with yourself. Ultimately in Zen, it’s about accepting yourself as you are. It is not just about self-improvement, but more about accepting yourself and being happy with what you already have now. In Buddhism there is a saying, ‘The most peaceful state of mind is when you’re not searching for something outside of yourself.’ By sitting in the Zen meditation session, we're trying to downsize, or let go of various desires.

Of course, this message will not apply to everyone. In Zen Buddhism, there is no single right answer. It all depends on the person and the situation. One aspect of Zen training is about denying yourself completely, while another is about accepting yourself thoroughly in this very moment. In the process of inner growth, as we go through the Zen training, there are times when we encounter our weaknesses. As I continue the training myself, I realize how weak we are as human beings. That moment iswhen I feel my training has gained depth. It’s not high or low.

Berlin School

That self-awareness, of humility and vulnerability, can also be an extraordinarily powerful revelation for leaders. What is the relationship between Zazenand leadership?

Ichido-san

Leadership is notjust about telling someone to do something. It’s more about doing something yourself, letting the people look at your back and see what you're doing, and letting them follow. Leading by example. Even at the Buddhist temple, the highest monk leads that way. He does, and lets other people follow.

Berlin School

You spoke about desire and emptying yourself of desires. In that process, you would have moments of weakness, moments of temptation. How do you deal with that?

Ichido-san

It’s important first of all that you notice the thoughts and emotions that pop up within your mind. Once you notice and acknowledge them, then they don’t go any further. If you don’t notice and let them go further, you get caught up in it and start taking action. You need to monitor yourself so as not to take action based on your desires and emotions.

Berlin School

For example, let's say I don’t want to lose my temper. I want to stay calm. Then suddenly one day, I just lose my temper. How does one stop oneself from doing that?

Ichido-san

When you feel that anger coming up, just acknowledge the anger that comes up at that moment. Don’t let it accumulate and become so big that it can’t stop. If you begin to notice that anger in the early stage, then I think things will start to change. If you’re furious and your mind is filled with anger, it is the same thing as already living in hell in this present life. Observe the anger that is arising. Notice, “Oh, I’m feeling angry now. I’m angry. I’m angry….” If you can observe that, then you can start to contain the anger from growing.

Berlin School

That capacity to adopt adifferent perspective is critical for our development as creative leaders and people.  Could you explain the place of creativity or imagination or intuition either in Zazenpractice or in Zen Buddhism more generally?

Ichido-san

If you’re sitting Zazenwith a desire to attain direct insight, the insight won't come to you. If you’re goal oriented – if your goal is to attain something, intuition, creativity – those will not come to you. I feel that when you have said goodbye to all your desires, wanting to become creative or wanting to have inspiration – only then, will creativity come to you. That is my feeling. It's like having water in your cup. By emptyingwater in your cup, then you will create room for creativity to come in.

Berlin School

Do you believe that it’s possible to be a true Zen Buddhist practitioner even when you’re in a fully materialist world and you're participating in that materialism and you’re satisfying your desires? Is it an either/or situation or is it possible to exist?

Ichido-san

Japanese culture is a mix of Western analytical culture and Eastern holistic culture. Zen lifestyle is, in a way, like attuning your lifestyle to the rhythm of nature. Instead of controlling the nature with a very self-centered view of the human beings, we adopt the notion that we are just one part of nature and the universe. Caring for and living harmoniously with the animals, the insects, the plants, and all living things in this world are valued in the East.

This is one kind of sutra that I chant every day before going to sleep. In English, the sutra would translate as, ‘May all living things in this universe become happy.’ The sutra tries to imagineand think about all living things, animals, plants, and what you can see and cannot see. I pray that every life and every living thing in the universe becomes happy. I believe all of you in this room are going to become the leaders in this world. I truly hope that you take the steps to create a world where all living things can live harmoniously. That is my sincere prayer that I would like to share with all of you.

 

*Great thanks to Professor Yoshinori Fujikawa, Motoko Kimura, and Mina Nishisaka of Hitotsubashi ICS for their partnership in organizing the Japanese culture day and for the translation of this interview.

 

 

 

禅僧による人生とリーダーシップへの洞察

ベルリン・スクール・オブ・クリエイティブ・リーダーシップでは、グローバル・エクゼキュティヴMBAプログラムの一環として、毎年アジア研修を行なっている。上海と東京に二週間滞在する研修で、当地域における革新的なビジネスおよびその経営実践、そしてダイナミックな市場を肌で感じる機会となっている。東京では、参加者が日本文化を体験する、啓発的な一日が用意されている。一橋大学大学院国際企業経営戦略科の教員による日本文化に関する講義に続き、鎌倉の禅寺、円覚寺において、上級僧侶から坐禅の指導を受ける。

 

世界20カ国から集まったEMBAの学生の坐禅体験の後、一道さんは質疑応答に丁寧に答えてくださった。冒頭で、坐禅と言う禅の最も大切な瞑想の修行について、以下の説明があった。

一道さん

禅宗では、毎日の生活、家事・仕事・全てが禅修行の一部であると捉える。多くの人が、坐禅は特定の姿勢をとることだというイメージを持っているが、それは禅のライフスイルの一部でしかない。禅には、様々な細かい作法がある。例えばお風呂の入り方、食事の頂き方など。毎日の生活の全てが禅修行である。私の理解では、禅のライフスタイルは、冷静で穏やかな心で、自分の行動や感情を観察しているというものである。一日の中で、どんな一時でもいいので、一瞬立ち止まって、心の状態を観察してみる。身体で何が起こっているか、身体にどんな感覚が起こっているか。「あ、自分の心を観察しよう」と思うその瞬間が禅の修行に繋がる。一日中このような気付きの状態を保つことができたらいいです。

ベルリン・スクール

そうすると、禅は自分を高めるための日々の挑戦といえるか。

一道さん

最近は目標達成のためにがんばりすぎて自分を否定してしまう人が多い。そのような時にはこんなメッセージを伝えている。

自分の何かを改善しよう、良くしようと思っているうちは、自分自身に満足していないということである。禅は究極的には、自分をありのまま受容する、ということになる。自分を改善するのではなく、自分を受容し、今、あるものに幸せを感じる。仏教には、「最も心が平穏な状態は、外に求める心を手放しているときである(無事是貴人)」という趣旨のことわざがある。坐禅をしているときは、様々な欲を小さくし、手放そうとしているのだ。

もちろん、このメッセージはすべての人に当てはまる訳ではない。禅仏教では、「正解」は存在しない。すべては人とその人がおかれた状況による。禅の修行には、自分を完全に否定するという一面と、今この瞬間の自分の全てをありのままに受け入れるという両面がある。

修行を進めると、心の成長の過程で自分の弱さに気付かされて行く。私自身も修行を続ける中で、人間はいかに弱い存在なのか気付かされる瞬間がある。自分の修行が深まったと思う時は、そういう瞬間だ。高い低いというものさしはない。

ベルリン・スクール

そのような謙遜や脆弱生の自己認識は、並外れたリーダーの強力な啓示にもなりうる。禅とリーダーシップの関係についてどのように考えるか。

一道さん

リーダーとは誰かに何かをするように指示するだけの人ではない。リーダーとはむしろ自ら行動し、その背中を見た人が後に続くような生き方をしている人ではないか。自ら模範を示すことができる人。仏教寺院では、リーダーである老師が道を示す。彼が自ら行ない、他のものが同じように行なう。

ベルリン・スクール

煩悩、そしてそれを心から無くして空っぽにすることについてお話していただいたが、その過程で、弱い自分が出たり、誘惑にかられたりすることもあると思う。そうしたときに、どのように対処しているのか。

まず最も大切なことは、様々な思考や感情が心に浮かんでくることに気付くことである。まずそれに気付けたなら、それらはそれ以上遠くまで行かない。それらが心に浮かぶままにしているとエスカレートして気付かないうちに巻き込まれ、行動が伴って来てしまう。欲望や感情に基づいて行動にしないように自分を観察する必要がある。

例えば、私はキレないようにしたい。平穏にすごしたい。けれども、ある日、怒りからキレてしまったとする。どうすればそうしないようにできるか。

もし怒りが込み上げてきたなら、その怒りにまず気付くこと。気付かないうちにその怒りが蓄積して大きくなり、暴走するのをとめなければならない。早い段階でその怒りに気付くことができるようになれば、色々と変わって来るだろう。もしあなたの怒りが心を支配しているのなら、現世にいながらにして地獄にいると同じことになる。起こってくる怒りを見つめる。「あ、私は怒っている。怒っている。怒っている」と気付くことができるならば、その怒りが大きくなるのを抑えられるようになるはずである。

ベルリン・スクール

クリエイティブ産業に関わるリーダーとしての私たちの成長のためにも、そのような客観的な視点を持つことは非常に重要だと思う。坐禅の修行あるいは禅宗の教え全般において、クリエイティビティ・想像力・直観力が占める位置についてご説明頂けないか。

一道さん

直観や啓示が降りてくることを期待して、坐禅を坐るなら、その直観・啓示は決して訪れない。もの・直観・想像力など、なにかを得るため、あなたが目的をもって坐るなら、それは実現しない。もしあなたが、創造性を備えたいという願い、想像力を得たいという願い、全てを手放すことができたなら望んでいる創造性が現れる、というのが、私が感じるところだ。例えて言うならば、コップにはいった水である。コップの水を空けることで、新しい水、すなわち創造性が入って来る余地を作ることができるのではないか。

ベルリン・スクール

物質主義の世界に身を置き、その物質主義の一端に参加し、自分の欲望を満たす生活を送りながら、禅の真の修行者となることは可能だと思うか。それは、二律背反なのか、あるいは両立させることは可能なのか。

一道さん

日本文化は西洋の科学的分析的な文化と、東洋の自然全体的の文化が融合されていると思う。禅の生活はある意味、自然のリズムに調和した生き方であると言える。私たちは、人間の自己中心的な考え方から、自然をコントロールするという考え方ではなく、人間は、宇宙の、自然の一部に過ぎないという考え方を採用している。動物や昆虫、植物、この地球に生きるもの全てに思いを致し、和をもっていきることが、東洋では重んじられている。

私は寝る前にいつもこのようなお経を唱えている。「生きとし生けるものが幸せでありますように」と。このお経では、動物・植物・見えるもの・見えないもの、全てに思いを馳せ、宇宙に存在する生命すべてが幸せになるように祈る。この坐禅会に参加した方々は世界のリーダーになって行く方々だと思う。皆さんお一人お一人が、生きとし生けるものが調和して生きられる世界を作るため、尽力して頂きたいと思う。それが私の真摯な願いである。

 

*この日本文化の日をアレンジし、このインタビューの通訳も務めてくれた一橋大学大学院国際企業経営戦略科(ICS)の藤川佳則教授・木村素子講師・西坂美奈講師にもお礼を述べたい